ボイラ水処理 : スケール障害

今回は、ボイラ水処理において、安全性と効率維持に直結する「スケール障害」について紹介します。

はじめに :

 蒸気ボイラを安全に、且つ効率的に稼動するために水処理を実施します。その効果確認のため
に、定期的な水質分析を行い、ボイラ系統の良し悪しを判断します。
 硬度リークや薬品濃度不足など、水質基準から外れる状態が続くと、伝熱面にスケールが付着し
その結果、ボイラ熱効率が低下し、大幅なエネルギーロスや安全運転に支障を来たすことになります。

スケール付着におけるエネルギーロス :

 適切な水処理が行われないと、ボイラ缶内にスケールが付着します。特に伝熱面では濃縮度が高
く、スケール化が促進されます。
 スケールが付着すると熱伝導率が悪化し、エネルギーロスにつながり燃料費が増加します。

例えば、たった 0.1mmのシリカ系スケール が付着しただけで、 約1%の燃料ロス になります!  

スケール防止対策 :

 スケールを防止するためには、硬度成分など不純物を含まない水をボイラに給水することが重要
になります。具体的には下記の方法があげられます。

 ・機械的処理  :  軟化装置 ・ 純水装置
 ・化学的処理  :  薬品濃度の維持 ・ P比の維持
              スラッジ分散剤の適用
              既存スケールの溶解剥離除去