山陰水処理株式会社は栗田工業株式会社販売特約店です。ボイラのメンテナンス、水処理薬品の販売など水処理のことをトータルサポートしています。

ボイラ水処理 : キャリーオーバー障害 ・ 蒸気質の連続監視

今回は、蒸気の質および安全性に直結する「キャリーオーバー障害」について紹介します。

続いて、蒸気質の連続監視装置についても紹介させていただきます!

はじめに :

  ボイラから発生する蒸気は、加熱・加温・殺菌消毒・加湿・蒸留・乾燥など、多くの用途に使われ
 ます。このため蒸気は、直接・間接問わず食品・製品や人体と接触することが多く、蒸気の安全性
 を確保することは非常に重要になってきています。
  また、近年、操作性や省エネ・効率化の観点より小型貫流ボイラが主流となってきていますが、
 その構造上、ボイラ水が蒸気中へ移行しやすくなっています。
  極度のキャリーオーバー障害が起きると、蒸気純度は急激に低下し、品質への影響や配管腐食
 などの問題を引き起こします。そこで、今回は、蒸気質や安全性に直結する「キャリーオーバー障
 害」について、ご紹介します。

キャリーオーバーとは:

 「 キャリーオーバー障害 」とは、ボイラから蒸気が発生する過程で、ボイラ水中の固形物の一部  
 が蒸気へ移行する現象をさします。低圧ボイラではプライミング現象・フォーミング現象があります。

      ・プライミング現象:ボイラ水が缶内で激しく沸騰するときに、水滴が飛び出して蒸気に混入
                 する現象
      ・フォーミング現象:高濃縮・高アルカリ時に起きやすい泡立ち現象
  
   キャリーオーバ障害の発生原因:
   ①ボイラ薬品の過剰注入、ボイラ水の過剰濃縮など水質管理の不備
   ②給水への油脂類などの混入
   ③汽水分離機の設計不良や整備不良等の機械的トラブル
   ④水位の設定不良や蒸気負荷の急変動及び蒸気バルブの急開

   キャリーオーバー障害の防止策:
   
①適正な薬注量やブロー量により、常にボイラ水中の塩類濃度を水質基準値内に保つ
    ②油脂類などの混入防止(主にドレン回収系統で熱交チューブ破孔による混入)
    ③汽水分離機の定期点検および内部付着物の清掃
    ④運転条件の適正化(蒸気負荷の急変動防止、蒸気バルブの急開の防止)

蒸気質の連続監視:

   蒸気モニター(蒸気質の監視装置)は、低圧ボイラの蒸気の質を連続的に測定します!

   ●蒸気の質を迅速かつ連続的に測定します。
   ●蒸気の質が悪化した時に、アラームを発生させます。
   ●製品に使用した蒸気の質を、エビデンスとして残せます。
   ●ボイラの熱管理装置からデータを取り込むことで、蒸気の質が悪化した時の原因究明ができ
     ます。
   
   ⇒  つまり、蒸気の管理ができます!

   貴社の工場で、蒸気が製品と直接接触しているプロセスはありませんか?
   プロセスで、歩留まりの低下や製品トラブルはありませんか?


   

お問合せ
お問合せ