山陰水処理株式会社は栗田工業株式会社販売特約店です。ボイラのメンテナンス、水処理薬品の販売など水処理のことをトータルサポートしています。

冷凍機停止前の銅チューブクリーニング

今回は、これから冷凍機等の停止時期を迎えるにあたり、シーズンオフ中の腐食事故の予防対策をご紹介します。

夏場に稼動していた空調機器も、外気温の低下と共に負荷も徐々に低下し始め、最終的にはらいシーズンまで運転停止となります。停止期間中は何等対策を施すことなく、無処理の状態で休止するのが一般的です。
一方、冷凍機自体は性能向上に伴い、近年肉厚の薄い銅チューブが増加しており、その結果、冷凍機や冷温水発生器の最重要部である銅チューブの貫通事故による腐食障害が増大しています。

【休止中の腐食発生原因】
腐食の発生原因は、 銅チューブ表面に付着した汚れ物質 下部で酸素濃淡電池形成による腐食や、 微生物腐食 が一般的であり、その腐食も運転中より休止中の方が腐食事故が多くなっています。その原因は・・・・・
  『冷却水の流れが無く、汚れ物質等が沈積しやすい環境下にあること』

つまり、冷凍機停止時の保管処理状況が銅チューブの腐食リスクを左右します!

そこで、『銅チューブクリーニング』!!

 ①冷凍機停止前に、クリーニング剤を冷却塔等から保有水量に対し規定量投入。
 ②投入後、冷却水循環ポンプを24時間運転。
 ③循環後、冷却水濁度が激しい場合は、水を入替える(濁度が低い場合は、水の入替えは必要あ
  りません)
 ④再度、クリーニング剤を冷却塔等から保有水量に対し規定量投入し、数ターン分循環後、停止。

 銅チューブクリーニング剤は、クリンストリームC−101等 ご紹介しますので、お気軽にお問合せください。

お問合せ
お問合せ