山陰水処理株式会社は栗田工業株式会社販売特約店です。ボイラのメンテナンス、水処理薬品の販売など水処理のことをトータルサポートしています。

薬注量自動最適化装置 S.sensingCS

排水の凝集状態を計測し、凝集剤注量を自動で最適化できる装置を紹介します。

このような問題でお悩みの企業様に最適です
排水負荷変動時も処理を安定化したい
無機凝集剤使用量を削減したい
運転管理にかかる手間を省力化したい
廃棄物量を削減したい



【特長1】
無機凝集剤の注入量を自動で最適化します。
S.sensingCSは独自開発のセンサー「クリピタリ」を搭載しており、「クリピタリ」で計測した凝集状態を判断して無機凝集剤の注入量を制御します。そのため、定量注入方式に比べて無機凝集剤の注入量を削減することができます。
薬注量自動最適化装置 S.sensingCS
【特長2】
原水の負荷変動にタイムリーに追従します。
凝集剤注入量を制御する場合、従来は凝集沈殿(もしくは凝集加圧浮上)処理水の懸濁物質量を計測することが一般的でした。そのため、処理水槽容量が大きく、滞留時間が長い場合、原水の懸濁物質負荷が変動したときも、凝集剤注入量を制御するまで時間差が発生する場合がありました。しかし、S.sensing CSは処理水槽ではなく、凝集槽で凝集状態を計測するため、原水の懸濁物質負荷が変動した場合もすぐに凝集剤注入量を制御することができます。

 

【特長3】
運転状況を見える化し、運転管理を省力化します。
S.sensing CSでは、測定データを蓄積し、お客様が必要な時に閲覧することができます。また、月次レポートの自動作成機能により、薬品コストの削減額や、脱水ケーキ発生量、CO2削減量などお客様のメリットにつながる項目も一目でご覧いただけます。
薬注量自動最適化装置 S.sensingCS
お問合せ
お問合せ