山陰水処理株式会社は栗田工業株式会社販売特約店です。ボイラのメンテナンス、水処理薬品の販売など水処理のことをトータルサポートしています。

排水処理 : 何脱水汚泥用脱水剤 のご紹介

大きく強いフロックを作る 「難脱水汚泥用」脱水剤のご紹介です。

「クリファームDP-500シリーズ」

・廃棄物処分費を削減したい。
・薬品コストを削減したい。
・メンテナンス、維持管理を省力化したい。
・脱水運転時間を短縮したい・・・・・このようなお客様に最適な薬品です。

➡脱水処理を進化させるには、汚泥を「脱水ケーキ」と「ろ液」に分離する工程で、いかに効率よく減容・減量化し、処分するかがポイントです。

繊維分が少なく、SS(懸濁物質)粒径が細かいため、脱水することが難しい「難脱水汚泥」の処理に、新しい選択肢を広げた「クリファームDP-500シリーズ」

有機成分が多いため脱水性が悪く含水率の高い「難脱水汚泥」に対しては、これまで、効果が高く高価格な脱水剤(アミジン系カチオンポリマー)や、比較的安価だが手間のかかる2剤処理(無機凝集剤+両性脱水剤、カチオン性脱水剤+アニオン性脱水剤)などが用いられています。

「効き目は納得しているが薬品コストは高い…」「2剤処理は面倒だが、コストと効き目を天秤にかけて…」「薬品コストが抑えられれば含水率はぎりぎり許容範囲だからいいかな…」など、脱水処理において「コストか効き目か」を選択せざるを得ない現状に新たな選択肢を、と開発したのが、新しい脱水剤「クリファームDP-500シリーズ」です。

「クリファームDP-500シリーズ」はカチオン系ポリマーですが、これまでとは全く異なる凝集機構で「コストも効き目もあきらめない」脱水処理を実現します。

お問合せ
お問合せ