山陰水処理株式会社は栗田工業株式会社販売特約店です。ボイラのメンテナンス、水処理薬品の販売など水処理のことをトータルサポートしています。

純水 : RO膜用スライムコントロール剤を紹介します

今回は、RO膜用スライムコントロール剤を紹介します。
薬品名 : クリバーターIK110
処理水量の低下などRO膜のスライム障害は、RO膜面にスライムが付着し成長することによって引き起こされます。このスライム障害を防止する為には、RO膜装置の供給水中にスライムコントロール剤を注入することが一般的です。従来のスライムコントロール剤は、浸透力が弱いため膜面に付着したスライムを除去する能力が低く、場合によっては頻繁に装置を停止し、RO膜を苛性ソーダなどの薬品により洗浄し、スライムを除去する必要がありました。そこで、クリタは浸透力の強いスライムコントロール剤「クリバーターIK-110」を開発、膜面に付着したスライムを除去することで、RO膜装置の安定運転と、薬品洗浄頻度の低下によるランニングコスト削減を実現しています。

クリバーターIK-110 5つの特徴

従来のスライムコントロール剤に比べ、スライム障害の防止効果が高い薬剤です。さらに装置や処理水への影響も少なく、安心してお使い頂けます。

高いスライム障害防止効果を発揮します。

 従来の殺菌処理方式のスライムコントロール剤とは異なり、クリバーターIK-110は、RO膜閉塞の原因となるスライムも膜面からはがし取るため、高いスライム障害の防止効果を発揮し、RO膜装置の安定運転を実現します。

飲料水規格にも適合した安全性の高い薬品です。

 クリバーターIK-110は殺菌処理方式ではないため、従来のスライムコントロール剤に比べ格段に安全性の高い薬剤で、飲料水に関する国際的な安全衛生規格である「NSF認証」と、厚生労働省の「水道水ガイドライン」の認証を取得しています。

原水槽や活性炭塔での添加もスライム抑制に効果を発揮します。

 クリバーターIK-110を原水槽で添加することで、原水槽からRO膜に至る範囲でスライム発生を抑制できます。また、前処理工程で活性炭塔がある場合、活性炭塔内で微生物が繁殖し、後段の保安フィルターやRO膜でスライム障害が発生することがありますが、クリバーターIK-110は活性炭塔内でも作用し、スライム障害を低減することができます※クリバーターIK-110は活性炭に吸着されるため、後段での再添加が必要となる場合があります。

処理水TOCへの影響がありません。

 クリバーターIK-110は無機系スライムコントロール剤であるため、TOC成分を含みません。そのため、RO膜処理水中のTOC濃度を上昇させません。

RO膜への酸化劣化の影響がありません。

 クリバーターIK-110は酸化力が極めて低い薬剤であるため、RO膜が酸化劣化する心配がありません。

クリバーターIK-110は…

従来の殺菌処理方式のスライムコントロール剤に比べ、膜の洗浄頻度を1/6に、保安フィルターの交換頻度を1/2にして、RO膜周りのランニングコストを約20%削減することが可能です。

■ ランニングコスト比較表

ランニングコスト比較表

※1 上記グラフの数字は従来の殺菌処理方式のスライムコントロール剤を使用した場合にかかるコストを100としたときの相対数値を表したグラフです。 ※2 上記グラフのコスト削減効果は、某半導体製造工場様の超純水製造プラントでの効果例です。実際のコスト削減効果は、原水量、原水性状によって異なります。

お問合せ
お問合せ