山陰水処理株式会社は栗田工業株式会社販売特約店です。ボイラのメンテナンス、水処理薬品の販売など水処理のことをトータルサポートしています。

ボイラー水のブローは、そのまま下水に排出しても大丈夫?

ボイラーの高アルカリ性(pH11.0~11.8くらい)のブロー水を、そのまま
下水に排出しても大丈夫でしょうか?

低圧ボイラーではボイラーの腐食防止のため、ボイラー水をpH11.0~11.8で管理していますが、
その高アルカリのブロー水をそのまま下水に排出することはできません。

ボイラーの排水に係る水質基準については、下水道法や水質汚濁防止法、市町村条例による上乗せ
規制があります。下水道法、水質汚濁防止法では、pHは5.8~8.6で排出するよう定められていま
す。そのため、pHの高いブロー水は中和してから下水に排出しなければなりません。

中和する方法としては、CO2二酸化炭素、塩酸や硫酸などの中和剤により中和して排出します。

二酸化炭素による中和装置はこちらを参照ください。

塩酸及び硫酸などの中和剤よる中和装置はこちらを参照ください。


 
 
 
 
お問合せ
お問合せ