山陰水処理株式会社は栗田工業株式会社販売特約店です。ボイラのメンテナンス、水処理薬品の販売など水処理のことをトータルサポートしています。

排水処理 : 重金属処理に困ってませんか

今回は、排水処理における重金属処理について紹介いたします。

 排水処理における重金属処理は、一般的にアルカリ剤(水酸化ナトリウム・苛性ソーダや消石灰)
を添加して、その重金属が水酸化物を形成するpHに調整して処理する「 アルカリ中和処理法 」が
行われます。しかし、重金属の種類によっては処理が不十分な場合や、重金属が再溶出する場合
があります。また、凝集沈殿処理後に再中和する必要が発生します。
 「ウェルクリン シリーズ」は、これらの課題を解決した重金属処理剤(捕集剤)です。

ウェルクリン シリーズの特長

 1:各種重金属イオンとキレート結合によりフロックを形成し、ほぼ完全に除去できる。
 2:共存する各種重金属イオンを同時に除去できる。
 3:中性で各種重金属イオンを除去できる。
 4:スラッジ発生量が少なく、またスラッジからの重金属の再溶出がない、または少ない。

製品紹介はこちら

お問合せ
お問合せ